美容

キミエホワイトを最安値で買いたい!売ってる場所は

2019年2月9日

キミエホワイトの売ってる場所は、マツモトキヨシやスギ薬局などの薬局ではないようです。今のところ、楽天などの通販でも販売されていません。

確実にキミエホワイトが売っている場所は、公式サイトです。公式サイトでは、お得に購入できます。

こちらのページでは、お得な公式サイトでの価格についてや飲むタイミング、口コミについても記載しています。気になる方はご覧下さいね。

キミエホワイトの売ってる場所はどこ?

CMなどでよく見かけるキミエホワイトをカフェでたまに見かける人が飲んでいるようでした。カフェで見かける度に、お肌がキレイだなと気になっていたんです。たまたまお友達とお話ししているときに「キミエホワイト」というワードが聞こえてきました。

キミエホワイトの売ってる場所もわかりません。薬局でしょうか?スギ薬局とマツモトキヨシでは販売していませんでした。ネットのマツモトキヨシでも見てみましたがありません。

 

実際の店舗で売ってる場所は見つけられませんでした。

 

Amazonや楽天でも売ってる場所は見つけられませんでした。

最安値で売ってる場所は

公式サイトで、初回は、1,900円(税抜)で通常価格のおよそ55%引きです。

キミエホワイトプラスの通常価格は、93錠入31日分で4,200円(税抜)ですので、半額以下で一瓶を購入できるのはお得です。

 

過去にキミエホワイトを購入している場合でも、初回はこの価格になります。

 

8,000円未満の購入の場合は送料が800円プラスされますが、通常価格よりもかなりお安いです。

>>初回半額以下で購入できるキミエホワイトの公式サイトはこちら

キミエホワイトの飲むタイミングはいつがいい?

キミエホワイトはいつ飲むのがよくて、飲むタイミングがあるのでしょうか?

飲むタイミングはいつがいい?

キミエホワイトはキミエホワイトプラスへ変わり、飲む量も変わりました。1回2錠だったのですが、1錠に減ったんです。キミエホワイトプラスは、1日3回で1回1錠です。

 

飲むタイミングについては、食後30分で、薬の吸収をよくするためにも食後すぐではなく、食後15分から30分位がおすすめです。

 

胃に負担をかけないように空腹時は避けてくださいね。

 

効果を感じるになどのくらいかかる?

キミエホワイトプラスはゆっくりと効果がででくるので、すぐに変化はありません。

目安は42日+年齢です。41歳なら42+41で83日です。3カ月弱くらいになります。大体、2カ月から3カ月で感じることが多いそうです。

 

副作用は?

キミエホワイトプラスは、第三類医薬品です。一般用医薬品では比較的安全とされているものです。

安全といわれていますが、薬なので副作用のことは気をつけた方がいいですね。吐き気、嘔吐、腹痛、下痢、発疹などの異常を感じたら医師に相談してください。

副作用にならないためにも、用法や用量は守ってくださいね。

キミエホワイトの口コミを見てみると

口コミ1

1つめの瓶を飲んでいるところです。シミやくすみが気になるようになったので飲んでいます。シミはまだ変わりません。吹き出物が減ったかなと思います。シミ対策ではじめましたが、吹き出物やだるさにもいいですね。続けてみます。

口コミ2

肝斑みたいなものができてしまい、コンシーラーで消していました。キミエホワイトを飲むようになって、2週間位経った頃だと思いますが肝斑がうすくなったんです。もうコンシーラーを使用していません。それを近くで見ていた母も飲むことになりました。私も続けます。

口コミ3

顔のシミに変化はありません。仕事で不規則な生活をしていて、そのせいもあるかもしれませんね。ただ、顔以外の手や足は「お肌が白いね」と褒められることが増えたかな。擦り傷等消えるのが早いかなと思います。

口コミまとめ

悪い口コミは、値段が高い、効果を感じないというものがありました。値段は初回だと1,900円で販売されています。通常価格だと4,200円ですが、例えば美白化粧品と比較すると安くなるかもしれません。

効果を感じないというときには、服用している期間が少ないのかもしれません。キミエホワイトプラスは穏やかな効果があるタイプですので、2、3カ月継続するのがいいかもしれません。

いい口コミは、シミが目立たなくなってきている、身体も白くなった、傷などが早く治るようになった、疲れにくい等がありました。

キミエホワイトを飲むと白髪が出てくる?

キミエホワイトプラスにはL-システインが入っていますが、L-システインは、シミ原因となるメラニンが生成するのをおさえる働きと、つくられたメラニンを排出する働きがあります。

 

L-システインの配合量は、キミエホワイトよりもキミエホワイトプラスでは1.5倍に増えています。その結果、しみ・そばかすの「緩和」から「飲んで効く」医薬品になったんですね。

 

髪の毛は、メラニンの働きで黒い色になっているんです。

 

L-システインがメラニンの生成とつくられたメラニンの排出を排出させる働きがあるので、髪のメラニンも排出されて白髪になってしまうんではないかというウワサになったと思われます。

 

現時点でL-システインで白髪になるということについて医学的な根拠はありません。

 

ただ、用量を守って飲んでいれば、髪にまでL-システインの成分が届くことは考えにくいですが、医学的な根拠がないから白髪にはならないとも言い切れませんよね。

 

キミエホワイトプラスに書かれている副作用にも、白髪が出てくるということは記載されていませんが、飲みはじめてから明らかに増えたという場合は、一度飲むのを中断して様子をみてみるといいですね。

 

 

>>初回半額以下で購入できるキミエホワイトの公式サイトはこちら

-美容

© 2021 hanaのブログ